item.gif
当院での診療について

健康保険による保険診療・治療を行っております。現在、診療はお電話による完全予約制とさせていただいております。

 診察の上、詳しく説明させていただきますので、その上で当院での治療を選択されるかどうか判断してください。わからないことがあればお気軽にお尋ね下さい。


 当院での手術はすべて日帰りで、翌日からの通院加療(一般的に翌日を含め4〜5回程度の通院)となります。すなわち手術をしても仕事をしながら治せます。但し、重労働や長時間の立ち仕事等は様子を見ながらとなります。


 当院での手術は仙骨硬膜外麻酔および局所麻酔を併用して行います。手術中の痛みは針を刺すときの痛みだけです。ダイオードレーザー・高周波電気メス・超音波メスを用いて行います。手術後は全く痛みがないわけではありませんが、通院に支障のない程度(痛み止め服用)となるように配慮しております。また、硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸注射液による内痔核の四段階注射法(ジオン注)治療も行っております。


 手術後の通院は手術法や病気の種類・状態によっても異なりますが、手術翌日の通院の後、週に1〜2日となり1〜2ヵ月後に最終診察となるのが一般的です。すなわち手術後2ヶ月以内に4〜7日程度の通院となります。


生命保険などの医療保険に加入されている方は、日帰り手術でも手術給付金が支払われますので、まずは保険会社にお聞きの上、必要書類をご持参下さい。


BACK TO HOME